敬愛する友人、パートナーの皆様へ

イエス様のお名前によってご挨拶申し上げます。この手紙を通して今年も皆さんにお会い出来ることを嬉しく思います。主は良い神様で、その慈しみはとこしえに続きます。今年の初めからこの6ヶ月間、私たち一人一人にとって主の慈しみと恵みは本当に充分でした。主の恵みと祝福によって皆さんもご活躍のことと思います。皆さんと皆さんのご家族の為にお祈りしています。私達のミニストリーの為、暖かいご支援とお祈りを心から感謝致します。
ハーベストセンターで開かれたクルセードは、サタンの厳しい妨害にも関わらず、成功のうちに終えました。サタンはあらゆる手段を用いて、この集会をストップさせようとしましたが、神様は、大いなる祝福をもって臨んで下さり、多くの人が救われ、癒されました。

さて、今年は神様が約束して下さったように、私達のミニストリーにとって大いなる祝福の年となり、神様は私たちのビジョンを大きくし、私たちの地境を広げて下さることでしょう。タミルナドゥにある、ハレルヤガーデンにおける働きは前進しており、今年7月末には新しい孤児院に子どもたちが入れるよう、その建築を急いでいます。私たちはあらゆるプロジェクトに対応する為にさらに何軒かの建物を必要としています。プロジェクトのひとつに、この辺りの村々の女性を集めた裁縫教室があります。女性や未亡人は低く見られ、収入源がない中で、縫い物・編み物を学ぶことにより、生活費を稼ぐことが出来るのです。また、大人も子どもも無料で学ぶことが出来る教育センターの開設も考えています。この地域の人々は学校へ行ったことがないのです。神様は素晴らしい計画を持っておられ、このハレルヤガーデンにおいてそのビジョンを達成させて下さることを確信しています。これらのプロジェクトを通して多くの貧しい人々が食糧、教育、仕事の面で祝福を得、私たちの主イエスの愛を知るでしょう。主をほめたたえます!これらのプロジェクトのパートナーになって、祝福を得て下さい。ご家族やご友人にもお知らせ下さい。幸せと喜びに満ちたこのガーデンに皆様も来て頂けるなら光栄です。歓迎致します。



現在私たちは北インド出身の子ども達を31人預かっています。彼らの家族は貧しく、親のほとんどが売春をしています。子どもを養うのに充分な収入源がなく、子ども達の将来にも望みがありません。片親あるいは両親ともいない子もいます。そのかわいそうな境遇と村人の窮状を見て、この部落で救われた軍人の男性がこども達を私たちのところに連れてきました。4〜12歳の男の子と女の子です。電車とバスを乗り継いで、また歩いて、自分たちの村から9日間かけてハーベストセンターにやって来ました。彼らは今とても幸せに暮らしており、学校にも行っています。子どものスポンサーになって下さる方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。

オリッサでの働きはゆっくりではありますが、確実に大きく成長しています。先月、3人の兄弟のチームがオリッサの部落を訪れました。彼らは今まで宣教師が訪れたことのなかった森の中にある部落の奥地に始めて足を踏み入れることが出来ました。主要な村から45km離れた村まで、山を登っていきました。そこには20世帯ほどが小さな小屋に住んでおり、ましな生活をしていました。さらに山を登るとまた20世帯ほどの村があり、人々は半裸で暮らしていました。さらに行くと10世帯ほどの村があり、ここでは人々は裸を隠すために小さな布を下部に結びつけているだけでした。21世紀にこのような暮らしをしている人々を見るとは、ひどい光景でした。子どもも男性も女性も、服を持っていません。ちゃんとした食事も、医療施設もありません。彼らは生まれてから一度も車を見たことがありません。ナクサライトと呼ばれる共産主義武装勢力がこれらの森に隠れて暮らしており、村人に服を与えたりしています。これらの山に車で行くことは出来ません。兄弟たちはこれらの村々に歩いて、または自転車で到達しました。彼らは13の村を訪れ、3つの村で祈りのグループを始めることが出来ました。まだ探索すべき村が残っています。



これらの地域で働いている私たちのバイブルスクールの神学生達が骨を折ってくれたおかげで、5人の村人が洗礼を受けました。オリッサ州では洗礼が禁止されているため、私たちの牧師は岩に囲まれた小川の泥水の中で密かに洗礼を授けました。これは私たちのミニストリーにとって素晴らしいけれど、ぞっとするような体験でした。
この村の言葉を知っている神学生たちはこれらの部落で働くことに関心を持っており、週一回行って祈り会を持つ予定です。しかしまず私たちは服と食糧、薬を運んで配布しなければなりません。8月にはこれらの必要品を持って再び村々を訪れる予定です。どうぞ村人達の為にお祈り下さり、皆様も神様が示される方法で彼らを援助下さいますようお願い致します。
皆様と皆様のご家族、ミニストリーの為にお祈りしています。私たちの為にも祈って下さい。皆さんからのお便りを楽しみにしています。神様の豊かな祝福がありますように。

キリストにあって愛をもって、
ロイ&ケジア

INDIA GOSPEL MISSION
P.O.BOX 6502, MUTTADA P.O. TRIVANDRUM- 695025, KERALA-INDIA
Tel: 00-91-471-2726114, Fax- 91-471-2726986, Email-igm@md3.vsnl.net.in


Dear Friends and partners,


Greetings in Jesus name. Happy to meet you again this year through this letter. God is good and His mercy endureth forever and it is true His mercy and grace was sufficient for each one of us all through these 6 months from the beginning of the New Year. I am sure each one of you are doing well by His grace, and blessing. We are praying for you and your family. Thank you so much for your loving support and prayers for our ministry. Our crusade which was held in our Harvest Center went good amidst the terrible oppositions from Satan. He tried his many ways to stop the meeting, yet our God blessed it tremendously, and many got saved and healed.

Well, this year as God promised us is going to be a year of abundant blessing in our ministry and He is going to enlarge our vision and extend our boundaries. The work in the Hallelujah garden in Tamilnadu is progressing and now the building for the children's home is going even more quicker to accommodate the children in this new place by the end of July 2007. We still need more small buildings for the various projects like weaving and sewing for the women folk in these villages who will be very much benefited by learning how to sew and weave, and earn their living. AS women and widows are not of much value and they do not have any source of income this will be helpful for them. Also we wanted to start a free education center for the adults and the children as the people from these villages have not been to school. We are sure God has a great plan and He will fulfill our vision in this HALLELUJAH GARDEN. Many poor and needy are going to be blessed with food, education, Job and know the love of our Lord Jesus, through this project. Praise The Lord!!! Try to be a partner in this project, and be blessed and also let know your family and friends about this project and you are also welcome to come and pay a visit to this Garden of Happiness and Joy.

We have now about 31 children from the Northern India who come from very poor families whose parent's occupation are mainly Prostitution. They do not have enough sources to take care of the kids and give them a good future. Some of them have one parent, and some do not have parents. Seeing the pitiful condition and the plight of these villagers a military man who got saved from this tribal village, brought these little kids ages ranging from4 to 12, both girls and boys. They had to travel about 9days to get to the Harvest center from their village by train and bus, and walking. They are very happy now and are going to school. If you would like to sponsor any child please do write to us, we will send you the picture and the detail of the children.

Our work in Orissa is growing tremendously though slowly but steady. Last month we had our team of 3 brothers to visit some of our work in the tribal regions of Orissa. They were able to visit some new places in the inner most tribal areas in the forest were any missionaries have not gone yet. From the main village, they had to go about 45 Kms up on the mountains to reach a village were about 20 families were living in small huts, a little better living then further up to the mountains another group of 20 families, half naked, then further more were 10 families with just a small piece of cloth tied at the bottom to cover their nakedness. It was a terrible sight to see people living in this type of a situation in this 21st century. Children, men, and women here had no clothes, proper food, and medical facilities. They have not seen any vehicle in their life. The naxalite (terrorist) groups who live hiding in these forests help these people with some clothes. No vehicle can go in these mountains, and our brothers reached some part of these villages by walking and in bikes. Now they were able to visit about 13 such villages and were able to start a prayer group in 3 villages, still more villages are to be explored.

In some villages. through the great toil of our Bible school students who are working in these areas about 5 five tribal people got baptized. AS baptism is banned in the state of orissa, our pastor had secretly baptized them in a brook in the middle of some rocks, in muddy water. This was a great yet appalling experience for our ministry. Now our Bible school students who know the language of this village are very much interested in working in these tribal areas, and are going once a week and holding a prayer group. But we have to first distribute clothes and carry food and medicines for them. We are planning to make a visit again to these villages in the month of August with these necessary things for them. Kindly pray for these people and also try to help them in whatever way God inspires you to do for them.
WE are praying for you and family and ministry. Pray for us also. Looking forward to hear from you. God bless you abundantly.

In Christ with Love,
Rev. Roy & Kezia


発行:India Gospel Mission 翻訳:IGMを支える会(email : igm@netpal.co.jp

いつも、インド・ゴスペル・ミッションのためにお祈りいただきありがとうございます。
ロイ牧師から皆様へのニュースレター(原語2007年7月付)をお送り致します。
皆様の上に主の祝福が豊かにありますようにお祈りいたします。

Thank you for your prayer and support for India Gospel Mission.
Here we are sending you the latest newsletter from Rev. Roy in India.
May the Lord richly bless you.
    
IGMを支える会(代表 堀井洋二) 
〒156-0044東京都世田谷区赤堤4-41-5
アーク・ビレッジ3F
「IGM(インド・ゴスペル・ミッション)を支える会」
FAX : 03-5300-0872
email : igm@netpal.co.jp
 
IGMのホーム・ページ  http://www.indiagospelmission.com/