主にある兄姉へ

皆様の健康と祝福を祈りつつ、この手紙を書きます。
津波の被害を受けた人々への働きの為にお祈り下さり、また、経済的にサポートして下さり、心から感謝申し上げます。大掛かりな援助ではないものの、何百という家族に、鍋、釜、バケツ、米、衣類といった必需品を配布することが出来ました。艱難に際し、こうして皆様の協力を得て出来た働きを私達は大変喜んでいます。大きな団体等が援助に訪れてはいますが、生活はあまり変わらず、人々は未だ多くの必要を抱えており、日々恐怖の中を過ごしています。このような状況にあって、主はご自身を宣べ伝える為の戸を開いておられます。

沿岸部のほとんどはカトリック教徒が占めており、私達が伝道する中でも特に難しい地域で、ヒンズー教徒に対するよりも多くの難題に直面することがあります。沿岸地域に住んでいる人々は、教育に恵まれず、彼らの宗教がむしろ真の福音を知ることを阻んでいます。過去には、カトリックのカリスマ派の人たちがこの地域を訪れ、彼らを通してイエス様の真理と礼拝について知る機会が与えられましたが、今では、地元のカトリック教徒の反対のゆえに、彼らでさえ、この地域で集会を持つことが出来なくなってしまいました。

終末の時代にあって、敵は人々を身勝手な信仰に導こうと日夜働いています。そしてこのような間違った狂信的な信仰が急増しているのを目にします。私達の周りでは、毎日、お祭りや儀式が執り行われています。テレビ番組においても、キリスト教番組よりも、他の宗教番組が増えています。

今、私達は益々熱心にイエスの福音を携えて活動しています。私達は、キリストを述べ伝えるために村の中心部にさえ足を伸ばそうとしています。私達が集会を開いている地域に人々を運ぶ為には車で何往復もしなければなりませんが、インドにいるすべての人が死ぬ前にイエス様の福音を聞かなければならないというビジョンを持っている私達にとっては、これも喜びです。

日々世界中で起こっている出来事は、私たちを心配させますが、私達、神の子どもは主の御言葉が成就しており、主の来られる日が近いことを知っているのです。ですから私達は主を歓迎するために自分達を整え、主が導かれる様々な方法によって真理を知らない人々に真理を伝えるために努力しているのです。ほとんどの人々は真理を知りたがっており、罪と病の束縛から解放されたいと思っているのですが、キリストを自分の救い主として受け入れさせないように悪魔が彼らを騙しているのです。偶像礼拝やその為の儀式はこの地域において今まで以上に拡大しており、何十万という人々が、偽りの神々に仕えているのです。それは、非常に残念なことです。

今、私達は、地方局のテレビ番組を始めています。これにより、多くの人々が神の御言葉を聞くことが出来るでしょう。また、私達はさらに多くの伝道用トラクトを印刷してバス停や公共の場所で配ったり、家庭訪問をしたりしています。毎週土曜日には公けに宣伝して、キャンパス内でキリスト教映画「パッション」、「バーニングヘル(燃える地獄)」などを上映しています。このほかに、インド各州の町々や村々において、大小さまざまな聖会を開いており、何百という人々が、神の愛を知って、罪と病から解放されています。

2005年6月に、聖書学校、孤児院、キリスト教育センターは新年度を迎えます。今年は、孤児100人の養育、50人以上の新しい神学生の訓練を計画しています。インドの未開拓地への伝道に向けて多くの働き人が必要なのです。また、教育センターにおいても、さらに多くの子どもたちを教育していきたいと思っています。

聖書学校の神学生たちは、貧しい家庭環境の為、学費や寮費を払うことが出来ないので、一人一人スポンサーを必要としています。私がこれを書いているのは、私達が福音を宣べ伝える働きをするにあたり、皆様の誠実な祈りと経済的サポートを必要としているからです。イザヤ61章1節には「神である主の霊が、わたしの上にある。主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。」とあります。これらの働きをすべて進めていくためには、財政源も必要なのです。経済的に困難な時でも、今日まで神様は、私たちの生活の中で不思議なことをして下さり、この働きを進めるために、どんな障害も取り除いて下さいました。主は真実な方であり、主ご自身が私達に与えて下さったこれらの大きな働きを続けていくために、私達を助けて下さることを確信しています。どうぞ、主に導かれるままに、誠実な祈りとサポートを捧げて下さいますよう、お願い致します。どうぞ、お手紙でも、Eメールでも、お便りを下さい。皆様からのお便りを楽しみにしています。皆様を愛し、お祈りしています。

キリストの愛をもって、

ロイ


津波による災害にあった人々の為に購入した日用品の横に立つロイ師夫妻  


このほかに私達の住んでいるトリヴァンドラムの町で、今まで以上に大きな聖会を来年1月に開催する予定で、祈りつつ準備を進めています。町中の人々、特にヒンズー教徒の人々に福音が届くよう、願っています。その為に15000ドルが必要です。私達はいつまで公けに伝道する自由があるのか分からないからです。また、新学期を迎えるにあたり、多くの資金を必要としています。

献金は下記の銀行口座宛にお振込み下さい。
口座名義: India Gospel mission
口座番号: 2414.
銀行名: Indian Bank,
Thirumangalam,Chennai.India.
 



Dear Brother,

We hope this letter finds you blessed and healthy. Thank you so much for your kind prayers and financial support for the relief work of the Tsunami affected people. Though not in a larger scale yet we were able to provide hundred of families for the necessary things like cooking vessels, buckets and Rice and clothing. We are really happy for what we were able to do with your help in the time of trouble. The people are still in great need even though there are big agencies came to help them but things happening in their life is very slow, and many are living under great fear. God also open doors to minister to the people about the Lord in these situations.

Most of the costal areas are occupied by catholic and we found it is one of the hard places to minister, and we face many hardships from these religious people than Hindus. The people who are living in the costal areas basically have no education and the religion is even not allowing them to come to know the truth of the Gospel, in the past catholic charismatic came to the these area and helped many people got to know little about worship and the truth of Jesus. Now even those catholic charismatic groups do not hold any meetings in these areas because of the opposition among the people.

We know that we are living in the last days and the enemy is working day and night to deceive people by their own religious belief, and we see these religious fanaticism growing in a greater way. Every day the festivals and rituals are taking place around us. Television program is taken by other religions groups than the Christian programs.

We are on the move with the gospel of Jesus nowadays with more zeal and enthusiasm. We are trying to reach even the interior areas of the village to preach Christ to them. The places were we are holding the meetings we needed to send transportation to and fro then only people can come from their villages. But it is our joy to do these things as our vision is that every one in India must hear about Jesus before they die.

All the day to day happenings around the world really worry us, but yet we the children of God know for sure that the word of the Lord is being fulfilled, and that the coming of the Lord is at hand. So we have to prepare ourselves to welcome Him, which we are striving hard to tell this truth to the people who do not believe in this, through various ways that God is leading us to do. Most of the people are curious to know the truth and to be delivered from the bondages of sin and sickness, but are been deceived by Satan who do not allow them to accept Christ as their personal savior. Idol worship and ceremonies for these idols are taking place in a larger scale than ever before in our places, and hundreds of thousands of people going behind these false Gods, which is really very appalling and sympathetic.

We are now starting a Television program in the local language for the local area, by which we are sure that many will be able to hear the word of God. Also we are printing more gospel tracts and are distributing in Bus stops and public places and are also doing door to door evangelism. Every Saturday we advertise and show Christian Film like Passion of Christ, and Burning Hell, and Miracle CDs in our campus for the public. Apart from this we hold small and big crusades, in the cities and villages in different states of India, through which Hundreds of People come to know the love of God and are being delivered form sins and sickness.

A new Academic year starts from the month of June 2005, for our Bible College, Orphan children and for our Christian Education Center. This year we are planning to raise 100 Orphan children, train 50 or more Bible School Students as we need more labors to work in these different unreached areas of India, and also educate more children through our Education Center.

For the Bible School students we need sponsors for each student as they are from poor background, unable to pay the fees for their boarding and Lodging which we are providing them for free of cost. The reason I am writing this to you is, for your sincere prayers for the work we are doing to spread the Gospel and for your financial support. As the word of the Lord says in Isaiah 61: 1, "The spirit of the Lord has anointed me to bring good news….to bind broken hearted, liberty to captives……." To carry on with all this work we also need financial resources, until now God is doing wonders in our life when we really go through a tough time financially, to continue without any obstacles. We firmly believe that He is faithful and will help us to carry on with this great task which he has given on our shoulders. Once again I request your sincere prayers for us and our ministry, and support our ministry as the Lord leads you. Please write us or email us. Looking forward to hear from you. WE love you and praying for you.

With Love in Christ,
Brother Roy

Send in your checks to the Bank Address:
India gospel Mission A/C No 2414, Indian Bank, Thirumangalam Branch, Chennai. 600040


発行:India Gospel Mission 翻訳:IGMを支える会(email : igm@netpal.co.jp

いつも、インド・ゴスペル・ミッションのためにお祈りいただきありがとうございます。
ロイ牧師から皆様へのニュースレター(原語2005年4月14日付)をお送り致します。
皆様の上に主の祝福が豊かにありますようにお祈りいたします。

Thank you for your prayer and support for India Gospel Mission.
Here we are sending you the latest newsletter from Rev. Roy in India.
May the Lord richly bless you.
    
IGMを支える会(代表 堀井洋二) 
〒156-0044東京都世田谷区赤堤4-41-5
アーク・ビレッジ3F
「IGM(インド・ゴスペル・ミッション)を支える会」
FAX : 03-5300-0872
email : igm@netpal.co.jp
 
IGMのホーム・ページ  http://www.indiagospelmission.com/